- 健康成分の効果

黒烏龍茶の特徴や効果

・黒烏龍茶の特徴

近年コンビニやスーパーマーケットなどでも販売しているのを目にするようになった烏龍茶とですが、どんなモノかと言えば普通の烏龍茶と比較して味が濃いのが特徴と言えます。色も濃くて黒に近いので黒烏龍茶と言われていてお茶特有の苦味が強く出ています。ですがその分脂肪を抑制する効果が一般的な烏龍茶より高いと言えます。

だからダイエットをしている人や健康に気をつけている人にお勧めのドリンクです。ちなみに脂肪を抑えることが出来る理由は黒烏龍茶の製造方法にあって、黒烏龍茶は脂肪の吸収を抑制する成分である重合ポリフェノールを使って作ります。この重合ポリフェノールは普通の烏龍茶から抽出されてその抽出液を普通の烏龍茶に入れて作られたのが黒烏龍茶です。

また黒烏龍茶のカフェインの含有量は350mlに70mg程で、350mlとは1度の食事の際に飲む黒烏龍茶の目安と言えます。そして1日2回摂取した場合でも黒烏龍茶に含まれるカフェイン量は140mg程なのできちんと摂取量を守り、他にコーヒーといったカフェインを含む飲食をしなければ夜眠れなくなるといった量ではありません。

・黒烏龍茶の効果

黒烏龍茶の効果としてはダイエット効果を挙げることが出来ます。既に簡単に説明しましたが黒烏龍茶には脂肪の吸収を抑制する効果があり、食べた分のカロリーを一部なかったことにしてくれます。ですが黒烏龍茶をいっぱい飲むと痩せることが出来るといったモノではなく飲むタイミングや飲む量は非常に重要なポイントと言えます。

そして黒烏龍茶は血液中の中性脂肪の上昇を20%程抑制する働きがあり、この作用はその日に摂取した脂肪を抑えて太ることを予防するだけではなく、毎日摂取することで脂肪の排出量を普段の2倍となり太りにくく痩せやすい体質を目指すことが可能です。また生活習慣病の予防の為に飲むことをお勧めします。

黒烏龍茶の効果的な飲み方

ダイエットの為、健康の為に黒烏龍茶を飲みたいと思っている人は食事中の時の飲み物に黒烏龍茶を選ぶことをお勧めします。その際の黒烏龍茶の摂取目安は1回の食事で350mlで、この頃は350mlサイズのペットボトルが販売されているのでお弁当などを購入する際に一緒に購入するといいでしょう。

あと黒烏龍茶は1日2回の摂取を推奨しています。朝食の際に飲んでも問題はないのですが出来れば昼食と夕食といったカロリーが高い食事の際に飲んだ方がより効果が出やすいということが出来ます。

黒烏龍茶の副作用の有無

黒烏龍茶を飲む際に気になるのは副作用の有無ということが出来ます。黒烏龍茶は摂取目安を守り1日2回、1回の食事で350m?なら毎日飲んでも副作用はないと言えます。ですが早く痩せたいからといって一度に沢山飲むと副作用が出てしまう場合があります。

黒烏龍茶は過剰摂取すると下痢などの症状が出てしまうので黒烏龍茶を販売しているメーカーは1日の摂取目安を記載しています。

黒烏龍茶でダイエットをするのなら継続的に飲み続けることが最も重要なポイントと言えます。効果を上げる為にと沢山飲むと下痢の症状が出てしまいダイエットどころか反対に太る原因となってしまう場合もあるので気をつけて下さい。

下痢の症状が起こるのなら体内の老廃物を排出出来て、その分体重が減る、便秘解消が出来るし下剤を飲むより体に良さそうと考える人もいるみたいです。

ですが下痢というのは腸内環境が弱っているから起こる症状なので、下痢になった後はお腹が頑張って栄養を体内に蓄積しようとします。

その結果として便秘になったり、脂肪が蓄積されやすい体質になってしまいます。だから一時的にダイエット効果があっても太りやすい体質になるので本末転倒です。

だから黒烏龍茶は必ず摂取量と回数を守って飲むようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です